三度訪れた不思議の森で(その16)

 サウスウィングに沿って歩いていくと、湿地の入口に立つ木の樹冠を飛ぶシジミチョウを見つけました。しばらく目で追うと地上3m弱の葉にとまりました。
f0310988_13352514.jpg
 尾が4つあります。エリルスルリフタオツバメです。1回目10月下旬に来たときには何頭か見られましたが、前回、12月に来たときには1頭も見つけられませんでした。常夏の南の島とはいえ、乾季の始まりのこの時期、蝶の顔ぶれも入れ替えのときなのでしょう。
f0310988_13353308.jpg
 足元でガサガサと音がしました。びっくりしたのは相手も同様のようで、水辺に逃げて行ったのは1m程の小型のオオトカゲでした。草むらの合間から顔が見えました。
f0310988_13354577.jpg
 ホテルのガーデンからビーチに出ました。海も空もどこまでもブルーです。
f0310988_13355611.jpg
 昼前のビーチですが、陽射しが強いため水遊びの人は皆、木陰に避難してしまったようです。
f0310988_13451046.jpg
 ガーデンの木陰を歩くと、ここでもムラサキシジミが何頭か見られました。
f0310988_13451978.jpg
 熱帯雨林で見たのとは、種類が違うようです。色が違うのはストロボを使っているのであてになりませんが、翅が少し尖って見えます。
f0310988_13452804.jpg
 ムラサキシジミは10月に来たときには見つからなかったので、今が羽化の時期なのでしょうか? 明らかに1日目よりも数も増え、新鮮な個体が増えています。
f0310988_13453643.jpg
 翅を開いてくれないかとしばらく待ちましたが、願いは届かなかったようです。ムラサキシジミは葉の上に水滴を見つけ吸水を始めました。
f0310988_13535001.jpg
 ノースウィングのガーデンには今日もタイワンキマダラがいました。写真を撮られるのは嫌いなのか、カメラを向けるとすぐ逃げてしまいます。
f0310988_13535763.jpg
 ロビー棟の1階に入りました。部屋に戻るためエレベーターに乗ることにしたのですが、怪しげな日本食レストランの写真がなかったことに気付き、撮っておくことにしました。夜だけオープンしているので、今は誰もいないようです。
f0310988_13541101.jpg
 部屋に戻り、シャワーを浴びて、日本から持ってきた"カニパン"で昼食にしました。それから着替えて、荷物の整理。そして、三泊した429号室を出ました。
f0310988_13542108.jpg
 チェックアウトは12時です。フロントにスーツケースとカメラバックを預け、16時まで最後の探蝶に向かいます。カメラに300㎜のレンズを付けて、あとは手ぶらで出かけることにしました。

[PR]
Commented by yurinBD at 2017-01-09 17:12
エリルスルリフタオツバメはかなりの美麗種ですね!
4つの長い尾、裏翅の色合いともにエレガント♪
昨年はお正月に行きましたが、他の季節にも行ってみたいです。
ムラサキシジミはこの時期にたくさん出てくるのですね、目と尾状態突起の付け根の色が良いですね。
Commented by fushiginomori at 2017-01-09 19:35
yurinさん、エリルスはビーチのユウナ(ハマボウ?)の黄色い花が好みのようです。
10月に来たときはビーチにこの花がたくさん咲いていて、エリルスやオナシウラナミシジミが吸蜜に来ていました。
11月になると、発生がないのか、花が無いので見つからなかっただけかはわかりませんが…。
沖縄でのユウナの開花時期は5~10月のようです。
by fushiginomori | 2017-01-09 14:24 | 海外 | Comments(2)

千葉の里山、近郊の公園、そして南の島の不思議の森で出逢ったシジミチョウをご紹介します


by fushiginomori