里山の春は浅く

 今日は陽射しは暖かいのですが、風は冷たく蝶はあまり飛んでいませんでした。童話のようにはいかず、今日も北風の勝ちです。春はまだ浅いのです。それでもモンシロチョウは5頭ほど見られました。その中には春の恋が実ったものもいました。
f0310988_22412853.jpg
 まず300mmで撮りましたので、今度は105mmにレンズを換えました。
f0310988_22413669.jpg
 マクロで近寄ったため、モンシロチョウは交尾したまま10メートルほど飛び、草むらに降りました。私は舞い降りたモンシロチョウを見つけるのが苦手です。いつも見つける前に飛ばれてしまうのです。でも、今日は何とか見つけました。草にしっかり掴まっています。隠れているつもりなのでしょう。
f0310988_22414660.jpg
 動かないので、アップを撮らせてもらいました。
f0310988_22415454.jpg
 今日もキタテハは見つかりません。ルリシジミも未だのようです。先週ベニシジミを見つけた場所を探すと1頭だけ出てきてくれました。
f0310988_22493659.jpg
 この個体はずいぶんとブルーの斑が発達しています。
f0310988_22494725.jpg
 震災からもう6年経つのですね。コンクリートで固められた水路はあの日から歪んだままです。

[PR]
Commented by yurinBD at 2017-03-12 07:06
モンシロチョウの交尾を捉えられ、素晴らしいですね!
発生間もない時期から子孫を残すために頑張っているのですね~。
新生ベニシジミは綺麗ですね!まだ今季見ていませんので、今日は探してみたいと思います!
今日は良い天気、良い出会いがあるといいですね!
Commented by fushiginomori at 2017-03-19 07:36
yurinさん、モンシロチョウは数が増えてきました。
でも、蝶は少ないですね。
この日もキタテハが撮れませんでした。
暖かい日ではありますが、まだ蝶たちには快適な日ではないようです。
by fushiginomori | 2017-03-11 23:07 | 千葉県 | Comments(2)

千葉の里山、近郊の公園、そして南の島の不思議の森で出逢ったシジミチョウをご紹介します


by fushiginomori