草原の風に翔ぶ蝶を追って(その9)

 丘を降り始めようとするとウスユキシジミが現れました。午前中にブルーの開翅を1枚だけ撮った蝶です。この蝶、裏翅に特徴があります。
f0310988_05500676.jpg
 前翅は普通の黒点ですが、後翅は白い縁取りだけあって、黒点が無いのです。ウスユキシジミは近づこうとすると飛んでしまいましたが、すぐ近くの花にとまりました。
f0310988_05501750.jpg
 紫の花で吸蜜する姿はなかなか絵になります。花の上で蜜を求めながらクルクルと回ります。
f0310988_05502685.jpg
 そのとき風が吹いてきました。ウスユキシジミは飛ばされないようにしっかりと花に掴まっているようです。僅かに覗いた翅の表はブルーではなく褐色でした。雌のようです。
f0310988_05503554.jpg
 ウスルリシジミも見つかりました。この丘の中腹にウスルリシジミが多いようです。この2種がモンゴルらしいシジミチョウです。
f0310988_05521595.jpg
 草むらにはヒョウモン類が多いのですが、小型の種類が多いようです。比較的大きいのはギンボシヒョウモンくらいです。
f0310988_05522430.jpg
 日本にもいると思うとあまり追いかけようとは思わないのですが、この個体はなでしこの仲間らしい花で吸蜜に夢中でした。
f0310988_06134606.jpg
 丘を降りてくるとキャンプにヤクの群れが来ていました。牧草地はもちろん、丘も谷間も、そしてキャンプの敷地も、牛、馬、羊たちの糞でいっぱいです。そこらじゅう糞だらけです。働き者のキャンプのスタッフも家畜の糞を片付けようとはしません。牛の糞は乾燥するのを待ち拾い集めます。燃料に使うのだそうです。そんな環境では辺りにはひどい匂いが…と日本人なら考えるでしょうが、全く匂いはありません。むしろ草原の風は芳しい香りを運んで来ます。バヤラさんに聞くと、家畜は草しか食べないからという答えが返ってきました。
f0310988_06135763.jpg
 夕食は8時の予約なので、まずはシャワーを浴びてきました。午後7時過ぎのゲルの前です。まだ陽射しは強いのです。
f0310988_06140554.jpg
 影はだいぶ長くはなってきましたが、日没までまだ時間があります。それでもミニ・ナーダムで賑わっていた隣のキャンプ(左奥)もすっかり静まっています。
f0310988_06141423.jpg
 私のゲルの前から見たレストランです。こちらの方向には雲が出ています。
f0310988_06332076.jpg
 今日の夕食は牛タンのサラダ、メインの料理はチキンです。中には野菜が詰められています。滞在中、食事は3食ともこのレストランで摂りました。特に食事の間は、ガイドさんというより、わざわざ日本に留学したモンゴルの若者と色々話せたことは忘れられない思い出となりました。日本の若者も彼らくらい国を、社会を、将来を考えているのでしょうか?
f0310988_06333495.jpg
 2日目の夜も雨になりました。今年3度目の雨です。今夜も星を見ることはできませんでした。

[PR]
Commented by yurinBD at 2017-07-24 06:58
ウスユキシジミというのですか、名前のとおり、雪が降っているかのような裏翅、淡い色合いもマッチして可憐さを感じますね~♪
ウスルリシジミも綺麗です!
モンゴルならではのシジミチョウが撮れて、お出かけになった甲斐がありましたね!
Commented by banyan10 at 2017-07-25 19:21
ウスユキシジミいいですね。
日本のシジミチョウには近い種は見当たらないですね。
少しですがチャマダラセセリの方が似ているかもしれません。
模様も素敵ですが、縁取りの白が柔らかい感じで魅力的です。
Commented by fushiginomori at 2017-07-27 22:28
yurinさん、コメントありがとうございます。
ウスユキシジミが翅を立ててとまっている、その裏面を見て、
久しぶりに手が震えたのを覚えています。
逃げないでと祈りながらです。
ウスルリシジミとモンゴルらしい蝶でした。
Commented by fushiginomori at 2017-07-27 22:32
banyanさん、コメントありがとうございます。
ウスユキシジミは比較的小さい方です。ルリシジミくらいでしょうか。
残念なのは数が多くないことでした。一度に複数見ることもなかったです。
白い紋の中に黒点がないのが不思議な感じの可愛いシジミチョウでした。
Commented by ダンダラ at 2017-07-29 14:47 x
モンゴルは撮影に行ってみたい国ですが、この時期は快適そうで素晴らしいですね。
蝶も、日本の蝶に似ているのもいれば、スイスで見たような蝶もいて、やはり大陸と陸続きなんだなといった感じがします。
素晴らしい旅行されましたね。
Commented by fushiginomori at 2017-07-29 15:07
ダンダラさん、コメントありがとうございます。
スイスの蝶拝見いたしました。「あの蝶」は少し時季が早かったようです。
モンゴルの良いところは6月下旬から7月に一斉に蝶が発生するところでしょうか。
気温と雨の関係で花の咲く時期が限られているからのようです。
by fushiginomori | 2017-07-23 18:48 | 海外 | Comments(6)

千葉の里山、近郊の公園、そして南の島の不思議の森で出逢ったシジミチョウをご紹介します


by fushiginomori