翌週も海のない県へ

 翌週も海の無い県、今日は栃木へシジミチョウの姿を求めて妻と二人で向かいました。午前9時半頃現地に着くと既にカメラを持った人が一人いらっしゃいました。今日探しに来たのはこの蝶です。
f0310988_23252549.jpg
 こんな偶然ってあるのでしょうか? お会いしたのは4日前に榛名でお話を伺った方でした。そして11時頃、オニグルミの葉の裏にオナガシジミがとまったのを教えて頂きました。翅が尖っているので雄だそうです。
f0310988_23253694.jpg
 オナガシジミは低いところにいたのでしょうか? どこかから翔んで来て葉の裏にとまったようです。高さは地上3m程でしょうか、空は曇りがちで陽射しは強くはありません。
f0310988_23254773.jpg
 葉の陰なのですが、裏から木漏れ日がスポットライトのように当たっていました。拡大してみると長い尾の先が白いのがわかります。
f0310988_23255729.jpg
 少しずらした左の後翅の向こうに、黒褐色の表翅が覗きます。風で木漏れ日のスポットライトは動くので、陽が当たらないと暗くなります。そして裏から陽が当たると明るくなるのです。
f0310988_23260506.jpg
 いつの間にか、近くに別の個体が来ていました。こちらはだいぶ翅が傷んでいるようで、長い尾の一方は欠けています。
f0310988_23261302.jpg
 この2頭、大きなオニグルミの木なのに近くにとまっているのです。他のゼフィルスならすぐに空中戦が始まる距離なのですが、活動時間ではないからでしょうか?
f0310988_23400338.jpg
 そして、同じ木の離れた枝にもう1頭のオナガシジミが、こちらは前翅が破れているようです。北側の枝なので陽が当たりません。
f0310988_23401160.jpg
 最初の個体も、全く動かないのではありません。他のオニグルミの木を見に行って戻ると、微妙に向きや位置を変えていました。
f0310988_23402066.jpg
 私も位置を変えながら、葉の間からオナガシジミが見える場所を探します。
f0310988_23403433.jpg
 オナガシジミが降りてくる気配がないので、お会いした方は別の場所を見に行かれました。私もそろそろ見上げっぱなしの首が痛くなってきました。
f0310988_23404358.jpg
 カメラの内蔵ストロボを使ってみました。はっきり写るのですが、やはり色が不自然になってしまいます。
f0310988_23405538.jpg
 午後1時前ころ、私が放っておいたせいか妻が軽い貧血を起こしてしまい、タクシーを呼んで駅まで戻りました。お会いした方のお名前も伺っておらず、ご挨拶もなしで帰ってしまい大変失礼しました。おかげさまでオナガシジミと出逢うことができたことを感謝しています。またどこかでお会いできたらと思っております。

[PR]
Commented by yurinBD at 2017-08-01 23:12
栃木にも行ってこられたのですね!
精力的に撮影に出かけられていますね~♪
私も頑張らないと。
オナガシジミが見つかって良かったですね!
裏翅の模様の独特さと、長い尾状突起が素敵です。
Commented by fushiginomori at 2017-08-02 20:47
yurinさん、コメントありがとうございます。
オナガシジミ、もっと近くで撮りたかったのですが…。
葉の裏に逆さのポーズばかりでしたので、できれば草の上にでも降りた姿を捉えたかったです。
Commented by banyan10 at 2017-08-05 08:31
オナガシジミは最近は出会っていません。
栃木の場所は僕も聞いているので、来年でも行ってみようかと思います。
活動時間は夕方のはずですが、観察しやすい場所も知らないので、夕方に見たことはないです。
日中はこんな風に葉裏に止まる個体が多いのでしょうね。
Commented by fushiginomori at 2017-08-05 14:59
banyanさん、コメントありがとうございます。
午前中はあまり活動しないようです。
天気次第ということもあるのでしょうが、今年は午後は雷、にわか雨ということが多かったようです。
また、下草を刈って綺麗にしてしまうので、降りてくる場所が無いのかもしれません。
私も来年再チャレンジしたいと思っています。
by fushiginomori | 2017-08-01 00:25 | 関東 | Comments(4)

千葉の里山、近郊の公園、そして南の島の不思議の森で出逢ったシジミチョウをご紹介します


by fushiginomori