バスツアーで探蝶記/夏の道東編(その1)

 7月26日から3日間、台風12号が西側の進路を進んだため大きな影響はなく、バスツアーで道東を巡って来ました。
f0310988_08081872.jpg
 今年二度目の北海道です。このところ札幌周辺が続いたので、久しぶりの道東です。
f0310988_08083143.jpg
 羽田空港集合が6時10分ととても早いのです。一日目は新千歳空港に8時半に到着し、ここからバスツアーが始まります。高速で帯広へ、そこから釧路湿原、オンネトーを見て阿寒湖温泉に宿泊の予定です。一日の走行距離は3日間とも400km以上となります。

 途中で休憩に寄った、道の駅「しらぬか恋問」です。白糠はヤナギダコが有名です。恋問という地名から、恋がかなうポストも設置してありました。
f0310988_08142048.jpg
 釧路湿原の北斗展望台に着いたのは午後2時、あいにくの雨のため肝心の湿原が見えません。車窓から丹頂鶴の姿を見ることはできましたが…。
f0310988_08221728.jpg
 休憩に寄った道の駅「阿寒丹頂の里」で、初めてカバイロシジミに触りました。撮ったのではなく触ったのです。花壇のクモの巣にカバイロシジミが捕らわれていました。死んでいるのかと思ったのですが、動いているのです。雨のためクモはいませんでした。そこで糸を丁寧に外します。少し翅は傷んでしまいましたが糸はとれました。カバイロシジミはお礼も言わずに飛び去って行きました。

 次の見学場所、オンネトーに着きました。雨が止んだようなので傘を持たずに降りると急に雨足が強くなりました。そのため、神秘の湖も色がありませんでした。
f0310988_08362528.jpg
 阿寒湖温泉には5時に着き、温泉と夕食をゆっくり楽しみました。阿寒湖の周辺にはホテルや土産物店が並んでいます。雨は上がり、野外のカラオケ大会の歌声が賑やかに流れていました。
f0310988_08370559.jpg
 明日の好天を祈り一日目が終わりました。

[PR]
by fushiginomori | 2015-08-01 08:48 | 北海道 | Comments(0)

千葉の里山、近郊の公園、そして南の島の不思議の森で出逢ったシジミチョウをご紹介します


by fushiginomori