バスツアーで探蝶記/夏の道東編(その6)

 旭山動物園には11時に到着しました。団体客は東門からの入場となります。旭山動物園は山の斜面にありますが、東門から正門へは写真のように下り坂になっています。2時間の自由見学です。
f0310988_21381007.jpg
 私は、ホッキョクグマもアザラシもオオカミも、そしてペンギンも見ずに出口に向かい、再入場のチケットをもらって動物園の外に出ました。駐車場を抜けて裏の小高い丘を目指したのです。
f0310988_21422276.jpg
 これはサカハチチョウです。丘の斜面は草が茂っていました。
f0310988_21444925.jpg
 草むらの脇の道を進むと、シジミチョウがちらちらと飛び交います。その中にはヒメシジミも混じっています。雌です。
f0310988_21461199.jpg
 ヒメシジミは旬を過ぎていて雄もいるのですが傷んだ個体ばかりです。この雌もだいぶ鱗粉が落ちてしまっていますが翅は破れていないようです。
f0310988_21481714.jpg
 数が多かったのはツバメシジミでした。この雌はヒメシジミより一回り大きく見えました。
f0310988_21541784.jpg
 こちらも雌ですが、小さな個体でした。大きさを比較する基準になるものがないので、あくまでも私の感覚ですが…。縁毛が逆光に輝いています。普通種ですが好きな蝶です。
f0310988_21542683.jpg
 雄が表のブルーを見せてくれました。雌は開翅しませんでしたが、黒褐色の地に青い鱗粉が混じっています。
f0310988_21543675.jpg
 ツバメシジミの中にトラフシジミが混じっていました。この時期に春型です。命を繋ぐために必死に産卵場所を探している姿に「ガンバレ」と声をかけたくなります。
f0310988_21544699.jpg
 林縁を滑るように飛ぶ蝶を追いかけました。止まった姿を見るとコミスジでした。がっかりしては失礼なのでシャッターを切りました。
f0310988_21545521.jpg
 林の中に入って行く道を見つけました。時間はまだ充分残っています。

[PR]
by fushiginomori | 2015-08-04 22:18 | 北海道 | Comments(0)

千葉の里山、近郊の公園、そして南の島の不思議の森で出逢ったシジミチョウをご紹介します


by fushiginomori