人気ブログランキング |

黄金色の散歩道(前編)

 10日ぶりの里山は、また少しだけ季節が進んだようです。月曜日の昼過ぎ、気温は25度ほどでしょうか。散歩をする人も増えたようです。今日はこの辺りではあまり見かけない蝶たちと出逢うことができました。

 まずは今年初のムラサキツバメです。雄のようです。翅の端から僅かに紫が覗きます。当然開翅を期待したのですが、ここで思わぬ邪魔が入りました。ヒメウラナミジャノメがちょっかいを出してきて、そのまま2頭とも飛び去りました。
f0310988_23044684.jpg
 田圃の稲が稔っています。順番に借り入れをしている最中でした。
f0310988_23051369.jpg
 写真を撮ろうと近づくと、草むらから鳥たちが一斉に飛び立ちました。スズメだと思います。最近スズメが減ったと聞きますが、すごい数です。慌てて105㎜マクロのままカメラをを向けました。ぶれてしまったひどい1枚ですが、スズメの数だけは伝わるのではないのでしょうか…。
f0310988_23111974.jpg
 稲の穂にツマグロヒョウモンを見つけました。少し風が強かったので黄金色の波に翻弄されているかのようです。里山では秋に数を増す蝶です。
f0310988_23123445.jpg
 ウラナミシジミの雄です。光の加減で水色に写りました。これも秋の蝶です。まだ数は少ないようです。
f0310988_23144398.jpg
 数が多いのはヤマトシジミでした。その中に白い翅脈が美しい個体を見つけました。
f0310988_23190372.jpg
 同じ個体ですが、陽が射すと色合いが違って見えます。この個体は水色の衣装を誇るかのように、止まると直ぐに翅を開きます。
f0310988_23225231.jpg
 夏の雌の表は黒褐色ですが、こちらは翅を開きませんでした。裏側は薄い褐色です。
f0310988_23242130.jpg
 前回ゴイシシジミを見つけた笹薮を探すと、今日もいました。写真を撮れたのは遠目の1枚だけですが、2頭確認することができました。
f0310988_23265130.jpg
 空き地に濃いオレンジのヒョウモンを見つけました。最近ツマグロヒョウモン以外のヒョウモンを見かけることは少ないのです。
f0310988_23302035.jpg
 空き地の周りは針金の柵があるのでこれ以上近づけません。裏の模様を確認すると、メスグロヒョウモンの雄でした。雄なので黒くないのです。前回がいつか思い出せないほど久々の出逢いでした。
f0310988_23303651.jpg
 この夏は8月中旬から雨ばかりでしたが、蝶たちも陽射しを待ちわびていたようです。今日は飛び交う蝶の数がとても多いのです。特にアゲハ類、セセリ、そしてジャノメが多いようです。後篇に続きます。

Commented by yurinBD at 2015-09-15 06:10
ムラサキツバメ、翅間から見える紫が印象的ですね!
ゴイシシジミは2頭が見つかり、今後に繋がる出会い
ですね。毎年発生を確認したい蝶ですね!
メスグロヒョウモン、嬉しい出会いでしたね!
松戸でも見かける機会は非常に少ないです。
Commented by fushiginomori at 2015-09-15 06:52
yurinさん、この日もキタキチョウは多数見られたのですが、
1度もシャッターを切れませんでした。
相性が悪いのかもしれません…。
by fushiginomori | 2015-09-14 23:48 | 千葉県 | Comments(2)

千葉の里山、近郊の公園、そして南の島の不思議の森で出逢ったシジミチョウをご紹介します


by fushiginomori