香港の旅 in Typhoon(その1)

 翌朝、10月4日午前8時のホテルの窓からの風景です。テレビの天気予報は”雷暴”と出ています。警報は”T3”のままです。窓を閉めていても雨と風の音は聞こえてきます。”T3”の場合、風速は41~62㎞/h、110㎞/hを超える突風の恐れがあるとの注意書きが、部屋に備え付けの説明書にファイルされていました。日本流に言うと「風速10~20m、最大瞬間風速は30m」といったところです。雨が弱まれば外出も可能でしょうか…。
f0310988_15300943.jpg
 午前10時を回ると雨も弱まり、空も少し明るくなったようです。同じ窓からの景色ですが傘をさしていない通行人も見られるようになりました。
f0310988_15331138.jpg
 11時を過ぎました。更に風雨は弱くなりました。日本から持参したガイドブックで、尖沙咀の中心に九龍公園を見つけました。近くなら歩けそうなので、仕度をしてホテルを出ました。
f0310988_15423861.jpg
 ホテルを出て振り返ると、ホテルの右端の交差点の近くは黒いシートで覆われていました。夕べ何かあったのでしょうか? 昨日と同じ道を尖沙咀駅の方へ歩きました。
f0310988_15471065.jpg
 雨は殆ど上がったようで、傘をさす人を見かけなくなりました。真っ直ぐ歩くと10分足らずで九龍公園に突き当たります。右の緑が公園です。
f0310988_15503772.jpg
 階段を登って公園に入ります。振り返るとビル街が見えます。街の真ん中の公園ですが広さは15haあります。
f0310988_15513784.jpg
 雨が落ちてきたので折り畳み傘を開きました。公園内の”中国花園”でシジミチョウを見つけました。翅の模様からヤマトシジミの仲間だろうと思いました。しかし、眼が違います。眼はルリシジミのようです。
f0310988_15571907.jpg
 どうやらコウシュンルリシジミのようです。
f0310988_16001394.jpg
 傘をさして”中国花園”を歩くと不思議な光景に出逢います。近くにモスクがあるためか、布で髪を覆った女性が屋根のあるところでお弁当を食べています。写生をしている人がいます。どこからか中国語の合唱が流れてきます。小雨を気にせず太極拳を舞うグループも見ました。そして観光客と都会の公園はとても国際的です。
 ”中国花園”を反対側に抜けると”百鳥苑”に出ました。右に行くと花壇があります。正面を下るとプールがあります。その向こうは街です。
f0310988_16125464.jpg
 雨が止むと小さなシジミチョウが草陰から飛び出します。とても小さいのですぐ見失ってしまうのですが、何度目かでやっと止まったところを見つけました。
f0310988_16173534.jpg
 ヒメシルビアシジミ、雌です。翅はグレーですが、少しだけ水色の鱗粉が載っています。
f0310988_16201535.jpg
 都会の公園での探蝶は傘を閉じたり広げたり忙しない中で続きます。

[PR]
Commented by yurinBD at 2015-10-12 21:33
台風は大変だったかと思いますが、
過ぎ去ってくれたのは良かったですね。
コウシュンルリシジミという種類がいるのですね!
初めて知りました。可愛いシジミですね~♪
Commented by fushiginomori at 2015-10-13 23:35
yurinさん、実はこのシジミ、南ベトナムでも一度見ました。
その時は、シャッター切る前に逃げられたので撮れて嬉しかったです。
天気ばかりは思い通りになりませんね。
by fushiginomori | 2015-10-11 16:32 | 海外 | Comments(2)

千葉の里山、近郊の公園、そして南の島の不思議の森で出逢ったシジミチョウをご紹介します


by fushiginomori