香港の旅 in Typhoon(その8)

 鳳園に行ったら是非逢いたかったのがこの蝶です。
f0310988_20040664.jpg
 花に逆さに止まっている顔はアゲハチョウのものです。とても可愛い眼を持っています。中国名は”燕鳳”です。ツバメアゲハと言う意味でしょう。
f0310988_20065291.jpg
 和名はシロスソビキアゲハ、英名はWhite Dragontailです。それぞれが見方は違うのですが、どれも特徴を捉え良い名前です。横から見るとアオスジアゲハの後翅に燕尾か竜の尾か、あるいは裾を足したような姿です。下の写真では尾の先は葉の陰ですが…。
f0310988_20124935.jpg
 シロスソビキアゲハは雨の止み間に園内各所の花を訪れます。食樹を植えた場所もありました。それが”燕鳳閣”、ホワイト・ドラゴンテール・ガーデンです。
f0310988_20165452.jpg
 特徴の一つはとても小さいことです。センダングサの花と比べると小ささがよくわかります。これでもアゲハチョウの仲間なのです。
f0310988_20220929.jpg
 もう一つの特徴は、前翅の外側が透明なことです。下の写真、左の前翅ですが、センダングサの茎が透けています。アオスジアゲハも青い部分には鱗粉が無いので不思議ではないのかもしれませんが。
f0310988_20243526.jpg
 この小さな、透明な翅を持った蝶、とても敏捷に飛び回ります。
f0310988_20281104.jpg
 数は多いのですが、尾は切れやすいようで2本揃った個体の方が少ないのです。よく見ると尾の先は白いのです。
f0310988_20313359.jpg
 曇っているとシャッタースピードが遅くなるので、吸蜜中が唯一の撮影チャンスです。横から見ると尾の長さがよくわかります。翅と尾と同じくらいの長さがあります。
f0310988_20344776.jpg
 吸蜜中もじっとしているわけではないので、どうしてもぶれてしまいます。尾の先までは綺麗に撮れません。
f0310988_20350580.jpg
 後姿も魅力的です。こんな蝶の存在は実際に目にしないと信じられない気がします。
f0310988_20351842.jpg
 空中に舞い上がった姿は、高速で羽ばたく翅を捉えることができませんでした。シャッタースピードは1/250です。
f0310988_20403216.jpg
 スソビキアゲハは想像していたよりもずっと小さな蝶でした。そして魅力も想像以上でした。この蝶に逢えただけでも、雨の中鳳園まで来た甲斐がありました。

[PR]
Commented by yurinBD at 2015-10-19 21:43
シロスソビキアゲハ、それも尾が2本揃った個体に
出会えて、良かったですね~♪
たくさん飛んでいても、素早くて撮影が難しいですよね、
悪天候にも関わらず綺麗に撮影され素晴らしいですね!
拝見していて、また香港に行きたくなりました(笑)
Commented by fushiginomori at 2015-10-20 20:43
yurinさんコメントありがとうございます。
本当に蜂のように飛び回る蝶ですよね。
私も晴れた日に、ぜひもう一度行きたいと思いました。
by fushiginomori | 2015-10-19 21:10 | 海外 | Comments(2)

千葉の里山、近郊の公園、そして南の島の不思議の森で出逢ったシジミチョウをご紹介します


by fushiginomori