初春の散歩道

 1月3日、春のような陽気に誘われて、昼過ぎに2時間ほど近くの里山を歩いてきました。1月に散策なんて数年ぶりのことです。さっそくキタテハが出迎えてくれました。
f0310988_21544467.jpg

 こんな天気を何と言ったらよいのでしょう? ”小春日和”という言葉は初冬までと聞きました。新しい年を迎えたので、小春日和ではないようです。気温は高くても里山はやはり冬景色です。
f0310988_21594727.jpg

 出逢えるとしたらタテハの仲間だろうと思っていましたが、ベニシジミがいたのには驚かされました。
f0310988_2214972.jpg

 これまた季節外れのタンポポでお腹を満たすと、葉の上で日光浴です。
f0310988_2232998.jpg

 冬でも気温が高ければ、成虫越冬の蝶は活動し、成虫で越冬できない蝶たちも命を伸ばす、しかし、動くにはエネルギーが必要です。それが、季節外れの花たちです。
f0310988_2283374.jpg

f0310988_2285310.jpg

f0310988_2294316.jpg

 林縁にムラサキシジミを見つけました。元気に飛び回ります。やっと葉の上に止まるとすぐに翅を広げました。翅表のブルーの輝きは雌です。
f0310988_22125885.jpg

 ムラサキシジミは一度舞い上がりましたが、直ぐ近くに止まり、再び翅を開きました。この季節、陽光も蝶たちの活動には大切です。
f0310988_22151056.jpg

 夏の間は木陰が嬉しかった散歩道でしたが、冬は陽だまりの道になります。自然って実によくできています。
f0310988_22201121.jpg

 この日の出逢いは3種4頭でした。期待ほど多くはなかったのですが、滅多にできない1月の散策を楽しめたのは暖冬だからでしょう。この暖冬が今年の蝶たちにどんな影響を与えるのか、注意して見守っていきたいと思いました。
[PR]
Commented by yurinBD at 2016-01-04 08:56
千葉でもベニシジミが新年に見られたのですね!
今回の暖冬は今までにないレベルであることを示す
貴重な記録ですね。
ムラサキシジミも翅を開き、気持ち良さそうで
これが1月3日なのですから驚きですね。
今後も見守りたいですね。
Commented by fushiginomori at 2016-01-04 17:02
yurinさん、本当に暖かい冬ですね。
南国からお帰りということで、
少しでも気温差が少なくて良かったのかもしれませんね。
Commented by Favonius at 2016-01-07 05:46 x
先日はお世話になりありがとうございました。
暖冬影響でこれからの新生蝶はどうなるのでしょうかね。
周期の定まらない越年種増加も困ったものです。
またお会いしたいですね。
これからもよろしくお願いいたします。
Commented by fushiginomori at 2016-01-07 22:29
Favoniusさん、先日は本当にありがとうございました。
1月に探蝶を楽しめるのは数年ぶりです。
良いのか、悪いのか考えてしまいますが、
取りあえず、楽しんだ方が良いのかなと思いました。
またどこかでお会いできることを楽しみにしています。
by fushiginomori | 2016-01-03 22:25 | 千葉県 | Comments(4)

千葉の里山、近郊の公園、そして南の島の不思議の森で出逢ったシジミチョウをご紹介します


by fushiginomori