路線バスの旅、台北再び(その5)

 三日目、月曜の朝は烏来まで行くためにホテルを8時前に出ました。まず、MRTで台北車站まで行きます。MRTの駅は台湾国鉄の台北駅とは少し離れています。MRTは街中では地下を走っています。バス停に行くには「M8」出口で地上に出ます。そのまま真直ぐ進み最初の信号を左に曲がるとすぐバス停が並んでいます。とてもわかりやすい場所なのに、私は間違えてしまいました。台湾は日本と違い車は右側通行です。なのに道路の左側にバス停を探してしまいました。台湾は初めてのS君の方が方向感覚は確かでした。もし、私が独りだったら・・・今でも台北の街をさまよっていたかもしれません。
 並んだ停留所の看板から「849」番を探すとバスは殆ど待たずにやって来ました。表示板の「上」が点灯しているので、乗る時に悠遊カードをタッチします。
f0310988_1535563.jpg

 上の写真左のように、バスは私たちの貸切のようでした。運転手さんはしばらくバスを走らせると、途中でバスを降りるようにと、言っているようです。もちろん言葉はわかりません。そして、先行していた烏来行きのバスに連れていかれました。その時写真右にある青い券を手渡されました。MTRの新店駅で止まるとバスは満席になりました。そして車内の表示が「上」から「下」に替わりました。
 新店から30分程で、バスは終点の「烏来」に到着しました。台北を出てから75分です。バスを降りるときには青い券を出して、再び悠遊カードをタッチします。表示が「下」は後払いという意味なのです。
f0310988_15443598.jpg

 バスを降りるとタクシー乗り場で声をかけられます。どうやらトロッコは動いてないからタクシーに乗れと言っているようです。取りあえずトロッコ乗り場まで歩いてみます。食べ物屋が並ぶ道を通り、橋を渡るとトロッコ乗り場に続く階段があります。そこでも黄色いタクシーが客待ちをしています。
f0310988_15511933.jpg

 烏来は台湾原住民族、タイヤル族が暮らす山間の町です。写真の女性を背負う逞しい男性がタイヤル族です。タクシーを断り温泉街を抜けてロープウェイ乗り場を目指します。時刻は9時45分です。陽射しが強くなるにつれさまざまな蝶が姿を見せます。道の左は川ですがすぐ近くではありません。右側の斜面からは所々で小さな流れが川に繋がっているようです。水のあるところに蝶やトンボが多いのです。
 翅まで赤いトンボがとまっていました。
f0310988_1654377.jpg

 タイワンシロチョウも姿を見せますが、崖や樹の上で近くには降りてきません。左が雄、右が雌です。
f0310988_1673545.jpg

 葉の裏に隠れているのはリュウキュウミスジのようです。
f0310988_1610148.jpg

 同じ3本の筋の模様ですが、こちらはタイワンミスジです。
f0310988_16124835.jpg

 川の方の林の中に見えるシルエットはルリモンジャノメのものです。ちょっと距離があります。
f0310988_1619323.jpg

 トロッコは昨年の夏の豪雨で土砂崩れがあったということでしたが、復旧までまだ時間がかかりそうです。途中からトロッコの軌道は道のすぐ脇を通るのですが、線路がない区間がかなりあります。新店からのバス通りもまだ工事で片側通行の箇所がありました。40分程歩いてやっとトロッコの終点(写真右)に着きました。
f0310988_1621432.jpg

 しかし、ロープウェイ乗り場に行くには、この階段(左)を登らなくては行けないのです。
f0310988_16235928.jpg

 ガイドブックには220元とあった、ロープウェイの往復込の「雲仙楽園」の入場券は175元に値下げされていました。日本円に換算すると700円ほどです。渡された入場券を見ると団体料金になっているようです。
f0310988_16324335.jpg

 トロッコが不通で、月曜日ですから観光客も少ないようです。もう少し客が集まらないとロープウェイは動かないのでしょうか? 先に乗って出発を待ちます。
f0310988_163552100.jpg

 雲仙楽園はロープウェイでなければ行けない、山の上の遊園地なのです。
[PR]
Commented by banyan10 at 2016-07-05 21:15
八重山で見られる蝶が多いのでしょうが、見れない蝶も増えてきましたね。
ルリモンジャノメはじっくり見たかったですが、再登場はあるでしょうか。
海外で路線バスは乗り場を探すことから大変ですよね。
30年近く前にタイ、インドへ行ったときの苦労がよみがえりました。(^^;
Commented by yurinBD at 2016-07-06 19:28
タイワンシロチョウの雄♂、黒い縁取りと鮮やかな黄色・白のコントラストが美しいですね♪
是非、撮影してみたい蝶です
タイワンミスジという種類がいるのですね、初めて知りました~。
台湾は蝶の種類も多く、魅力的なところですね!
Commented by fushiginomori at 2016-07-06 20:23
banyanさん、残念ながらこのあとルリモンジャノメの撮影の機会はありませんでした。
今回、烏来に行ったのはバスの終点だからです。
始点から終点まで乗るというのが、言葉のわからない私には一番安全です。
途中の乗り換えは想定外でしたが…。
Commented by fushiginomori at 2016-07-06 20:26
yurinさん、タイワンシロチョウは近くに来てくれませんでした。
写りが悪いので、写真を小さくしてごまかしています。
同定は自信のないものもありますが、一応ということで、
違っていたら修正しますので、ご指摘ください。
by fushiginomori | 2016-07-05 16:55 | 海外 | Comments(4)

千葉の里山、近郊の公園、そして南の島の不思議の森で出逢ったシジミチョウをご紹介します


by fushiginomori