網走、湖の畔で(その3)

 バスは網走駅前に12時38分に着きました。15分程の待ち時間で女満別空港行のバスが来ました。今度は乗り継ぎがうまくいったようです。宿の一つ先の「養護学校入口」のバス停で降り、昨日歩けなかった呼人探鳥遊歩道に向かいました。しかし、昨日の雨で道は相変わらずぬかるんでいます。少し考えてみれば、水芭蕉の群落があるということは湿地だと気づいたはずです。しかも午前中の晴天から曇り空に変わってきました。仕方なく自動車道を宿の方に歩くことにしました。自動車道に出てすぐのところです。道端の草むらに白い何かを見つけました。
f0310988_171412.jpg

 その何かこそが探していたカバイロシジミだったのです。まず300mmで何枚か撮った後、逃げないことを祈りながらレンズを105mmに換えました。
f0310988_1734499.jpg

 じっとしているようなので、手前の草の葉をそっとどけました。このシンプルな翅を撮りたかったのです。
f0310988_1751868.jpg

 もう一枚、より蝶に近い葉をどけました。幸いカバイロシジミは気にしていないようです。
f0310988_1771558.jpg

 それでも逃げないと、更にレンズを近づけます。カバイロシジミの体の下に、濁った水玉が見えます。どうやら近くで羽化してここまで草を登ってきたのでしょう。翅を伸ばして、余った体液を排泄したのではないでしょうか。
f0310988_1711527.jpg

 再びレンズを300mmに換えて撮りました。蝶が動かないので、こちらが動いて、色々な角度から撮ってみました。
f0310988_17125138.jpg

 最後にコンデジで1枚撮っておきました。翅を開く気配はありません。
f0310988_1716157.jpg

 草むらに蛹の抜け殻を探してみたいという誘惑を抑えて、そっとしておくことにしました。どけた草の葉を戻し、蝶が目立たないようにしてからその場を離れました。自動車道からは網走湖が見えます。奥の陸地が探鳥遊歩道のある半島です。
f0310988_17185630.jpg

 宿に向かう道で蝶を探しますが、何も見つかりません。一度もシャッターを切らないまま宿に着いてしまいました。玄関を通り過ぎ、裏に回ります。宿の裏は広い空き地になっていて、ルピナスなどの花が植えられています。そこでやっと、青いシジミチョウが飛ぶのを見つけました。
f0310988_17224997.jpg

 ヒメシジミの雄でした。本州産とは別亜種となっています。
f0310988_17242776.jpg

 ヒメシジミがヨモギの葉にとまりました。林縁に沿ってヨモギも多いので、ここが発生源かもしれません。
f0310988_17275650.jpg

 3時を過ぎたので今日の探索を終了しました。今日も20℃までは気温が上がらなかったようです。温泉に浸かり、夕食まで一眠りすることにします。
f0310988_17302150.jpg

 今日はトンカツがメインです。食事がとても美味しく、この宿を選んだのも幸運でした。何より、原生花園ではないものの、カバイロシジミに出逢えた幸運に包まれ、今夜はゆっくりと眼れそうです。
[PR]
Commented by banyan10 at 2016-07-16 18:21
カバイロシジミ撮影おめでとうございます。
目的の場所以外での出会い良かったですね。
何と言っても翅裏の薄いブルーから灰色がかった白へのグラデーションが綺麗な蝶ですよね。
それを新鮮個体でじっくり撮影できたのですから素晴らしいですね。
Commented by fushiginomori at 2016-07-16 22:30
banyanさん、ありがとうございます。
シンプルですが、魅力的な蝶だと思います。
一度だけのチャンスでしたが、気付いたのが幸運でした。
Commented by yurinBD at 2016-07-16 22:38
カバイロシジミの発見と撮影成功、おめでとうございます!
強い想いがあったからでしょうね!
薄いブルーの部分が何とも美しいですね♪
しかも羽化したてのピカピカ!
また見たい蝶が増えてしまいました(笑)
Commented by fushiginomori at 2016-07-16 23:07
yurinさん、カバイロシジミのように広く薄く分布している蝶の方が、
探すのが大変かもしれませんね。
昨年、旭川で出逢ったときは正面を向いてしまったのです。
横に回り込もうとしたときに逃げられてしまいました…。
今回は本当に幸運だったのだと思います。
by fushiginomori | 2016-07-16 17:46 | 北海道 | Comments(4)

千葉の里山、近郊の公園、そして南の島の不思議の森で出逢ったシジミチョウをご紹介します


by fushiginomori