人気ブログランキング |

海の日に海のない県へ(その1)

 モンゴルの写真の整理に未だ時間がかかりそうですが、その間にシジミチョウの季節が終わってしまいそうです。そこで、未整理のデータはそのままに群馬に行ってきました。
 海の日の早朝に家を出て、ウラキンシジミが見られると教えて頂いた森へ出かけました。9時過ぎに着いた私を迎えてくれたのはミスジチョウでした。
f0310988_15122088.jpg
 右前翅が欠けています。近くに紅葉の木がありましたので、そこで発生したのでしょう。既に陽射しは強く、暑い一日になりそうです。
f0310988_15123270.jpg
 道路沿いの草むらに何頭か蝶が飛んでいました。白い蝶はスジグロシロチョウです。
f0310988_15124037.jpg
 オレンジの蝶はヒョウモンの仲間です。追い廻して、やっととまったのはツマグロヒョウモンでした。ツマグロヒョウモンはここでも幅を利かせているようです。
f0310988_15124735.jpg
 森の中の登り道をしばらく歩くと、開けた場所に出ました。オレンジの蝶はまたもツマグロヒョウモンでした。今度は雌です。
f0310988_15125591.jpg
 樹の上を見上げると2頭のミドリシジミが絡んで飛んでいます。その内の1頭がとまりました。
f0310988_15245793.jpg
 ウラキンシジミは見つからなかったのですが、山地性のミドリシジミが見られれば良しとしようと思いました。陽射しがまぶしくて翅がよく見えません。
f0310988_15250416.jpg
 どうやら正体はオオミドリシジミ、山地性ではなかったのです。もう1頭はどこへと探しましたが、既に森の奥へと飛び去ったようで見つかりません。
f0310988_15251202.jpg
 オオミドリシジミは少し低い枝にとまりました。陽射しが強いためか翅を少ししか開きません。
f0310988_15251992.jpg
 翅の間から覗くのはミドリではなくブルーでした。
f0310988_15252835.jpg
 森の中の道を進むと自動車道に出ました。道端で見つけたシジミチョウはトラフシジミの夏型でした。
f0310988_15351586.jpg
 その後、蝶の姿は見られなくなりました。暑さと陽射しのせいではないかと思いました。オオミドリのいた場所に戻りましたが、もう姿はありません。まだ昼を過ぎたばかりでしたが、今日の探蝶を終了します。暑さに負けたこともありますが、お腹もすいてきたのです。今日の宿、伊香保温泉に向かう途中、頭の中はざるうどんに占領されていました。
f0310988_15352519.jpg
 バスを降りるとまたもや試練が…この急な石段を登らなければ、ざるうどんにありつけなかったのです。昼食が済んでもまだ午後2時、それでも宿はチェックインできたので、温泉でゆっくりと汗を流しました。明日は榛名方面に行ってみようと思います。

Commented by yurinBD at 2017-07-30 09:01
伊香保温泉に宿泊しての撮影行、いいですね~♪オオミドリシジミ、翅間から見える表翅はブルーですね~、まだ一度しか撮影したことがありませんので、また撮影してみたいものです。
榛名編も楽しみにしております!
Commented by fushiginomori at 2017-07-30 19:17
yurinさん、海外旅行は楽しいですが、やはり日本の温泉は素晴らしいです。
計画ではウラキンシジミに逢えるはずだったのですが…。
ミドリシジミも山地性でなかったのでちょっと残念でした。
思い通りにはいかないですね。それもまた楽しいのですが。
by fushiginomori | 2017-07-29 16:03 | 関東 | Comments(2)

千葉の里山、近郊の公園、そして南の島の不思議の森で出逢ったシジミチョウをご紹介します


by fushiginomori