室戸岬へ(台風の翌日1)

 歩き始めて10分もしないうちに、サツマシジミは見つかりました。陽の良く当たる木の上にとまっていました。サツマシジミは木の上から降りてきません。まだ太陽の位置が低いため、木の下の方は陰になっているためでしょうか。
f0310988_12580945.jpg
 しばらく道路の端を歩いて行くと、1本の木の前を通ったとき小さな蜂や虻が一斉に飛び立ちました。その常緑樹らしい木には目立たない小さな花がたくさん咲いているのです。
f0310988_12584456.jpg
 花を探すとサツマシジミが見つかります。やはり昨日の台風のせいか、翅にダメージを負った個体が多いようです。
f0310988_12593900.jpg
 ここのサツマシジミはイメージしていたよりずっと小型です。ルリシジミより一回り小さい感じです。木の周りを舞っているシジミチョウも全てサツマシジミでした。
f0310988_12594836.jpg
 道路の端の木々を探すと、留まっているサツマシジミが見つかります。葉の上などでじっとしていると、よく探さないと見過ごしてしまいます。
f0310988_13145617.jpg
 気付かずに近づきすぎると、木の上に上がってしまいます。逆光で撮った方がサツマシジミらしく見えます。
f0310988_13150564.jpg
 11時を過ぎる頃には陽も高くなり、サツマシジミは陽の当たる葉の上でくつろいでいるように見えます。昨日の台風を乗り切った蝶たちは、陽射しを受けて嬉しそうです。気温は昨日より下がっているようです。
f0310988_13151526.jpg
 道路の端は下草が刈られています。そこに伸びてきたヒヨドリバナはまだ丈が短いのですが、少しだけ咲いた花はサツマシジミの蜜源のようです。
f0310988_13152372.jpg
 よく陽の当たる低い葉の上に、比較的きれいな個体を見つけました。
f0310988_13283745.jpg
 逆光で撮ると表の白い紋が透けて見えるので、いかにもサツマシジミという写真が撮れます。
f0310988_13284586.jpg
 同じ個体ですが、陽の当たる側から撮るとルリシジミとあまり変わりません。裏面の黒い点がルリシジミよりずっと少ないので区別は容易ですが。
f0310988_13285518.jpg
 おとなしい個体で近くから何枚も撮らせてくれました。天気は良いのですが風が強く、実はぶれたりボケた写真を量産してしまいました。ここは低い位置で風も当たらなかったので、じっくり撮らせてもらいました。
f0310988_13290429.jpg
 石蕗の葉の上で表翅を見せてくれた雌です。角度のせいなのか、あまりサツマシジミらしくありませんが。
f0310988_13391412.jpg
 ここで見たシジミチョウの殆どはサツマシジミでした。雌の方が多かったようです。台風の中室戸岬までやって来た甲斐がありました。

[PR]
Commented by yurinBD at 2017-11-05 18:23
逆光で中心付近が透けた様子はサツマシジミらしさがあって良いですね!
さすが室戸岬、サツマシジミがたくさんなのですね、一度行ってみたいところです。
続きも楽しみにしております!
Commented by otto-N at 2017-11-05 20:36 x
10月30日から、四国は四国でも、瀬戸内海側に旅行に行っていました。
チョウとは関係ないスケジュールだったので、未撮のサツマシジミは羨ましい限りです。
Commented by fushiginomori at 2017-11-06 09:46
yurinさん、サツマシジミはこの日の室戸岬では「どこにでもいる蝶」でした。
そうすると、つい贅沢になって「綺麗な個体」を探すようになります。
時期も遅めですし、台風の翌日ですから皆それなりのダメージがあります。
すると、つい撮り方が雑になるせいか没になる写真が多かったです。
風が強いせいもありましたが。
Commented by fushiginomori at 2017-11-06 09:51
otto-Nさん、四国にいらっしゃっていたのですね。
私は以前四国に観光に来たことはありますが、蝶を探しに来たのは初めてです。
瀬戸内海側にはサツマシジミはいないのでしょうか?
室戸岬にはとても多かったです、と言うよりサツマシジミばかりでした。
by fushiginomori | 2017-11-05 13:57 | 四国 | Comments(4)

千葉の里山、近郊の公園、そして南の島の不思議の森で出逢ったシジミチョウをご紹介します


by fushiginomori