里山に春を告げる蝶

 4月最初の日曜日は気温は上がりましたが、とても風の強い日でした。散策路には桜の花びらが舞っていました。
f0310988_22102332.jpg
 里山に春を告げる蝶、ツマキチョウが姿を現しました。強い風に煽られながらも一生懸命花を訪れます。ムラサキケマンでしょうか。
f0310988_22103128.jpg
 ツマキチョウはタンポポも好むようです。雄の前翅の褄はタンポポ色です。
f0310988_22103930.jpg
 雌の翅は白一色です。ツマキチョウはまだ出始めのようで、先に羽化する雄が多く、雌はあまり見つかりませんでした。
f0310988_22104848.jpg
 この個体も雌です。吸蜜しているのはハコベの仲間だと思います。里山に春の花が咲きそろいました。
f0310988_22105761.jpg
 数頭のツマキチョウが強い風を避けるのに、林縁の茂みに留まりました。これはその中の一頭です。
f0310988_22110453.jpg
 そこへ近くにいた別の雄がやって来ました。縄張り争いでしょうか? ちょっと様子が違います。
f0310988_22255279.jpg
 このポーズは…、まるで雌の交尾拒否のようです(右)。どう見ても男同士なのですが、真相は不明です。この後左の雄は諦めて飛び去りました。
f0310988_22260028.jpg
 今日は見つけたシロチョウの殆どがツマキチョウでした。モンシロチョウも混じっていましたが、ツマキチョウは一回り小さいのと、飛び方がぎこちなく見えるので区別できます。今度は菫の花で吸蜜しています。
f0310988_22261017.jpg
 菫の蜜を吸うには、頭を花の奥に入れないと届かないようです。
f0310988_22261836.jpg
 里山は一気に季節が進み、コブシの花は散り、桜の花びらも風に舞っています。土筆の周りには緑のスギナも芽を出しました。
f0310988_22380578.jpg
 いつもの春と違うのは、ルリタテハが多いことでしょうか。ルリタテハの羽ばたきには風に負けない力強さがあります。
f0310988_22381674.jpg
 心地よい季節に、里山を散歩する人も多くなりましたが、ツマキチョウの存在を知っている人は少ないと思います。とても可愛い蝶ですから、ツマキチョウを知っていると、少しだけ他の人より多く春を楽しめると思います。

[PR]
Commented by yurinBD at 2018-04-16 09:47
大変ご無沙汰しております。仕事で4月からメキシコに住み始めております。
ムラサキケマンやタンポポでの吸蜜シーン、良いですね~♪
日本の春を楽しませて頂きました!
チェンマイの蝶たちも素敵でした!
Commented by fushiginomori at 2018-04-17 08:26
yurinさん、この日はツマキチョウが多かったです。
いつもの年は、あまり撮れないのですが、チャンスがたくさんありました。
それにしても、メキシコですか・・・。
フィールドでお会いできないのは寂しいですが、メキシコの蝶たちを楽しみにします。
by fushiginomori | 2018-04-01 23:01 | 千葉県 | Comments(2)

千葉の里山、近郊の公園、そして南の島の不思議の森で出逢ったシジミチョウをご紹介します


by fushiginomori