人気ブログランキング |

オオミドリを探しに

 始発電車に揺られて神奈川へ、先週教えて頂いたオオミドリシジミの棲息地を訪ねました。今日は暑くなりそうです。
f0310988_22324635.jpg
 遊歩道の入口でお会いした方が、カメラを持っていらっしゃったので、もしやと思って伺うと、ポイントまで案内してくださいました。
f0310988_22325507.jpg
 なんとそこに、この場所を教えてくださった方も見えていました。
f0310988_22330286.jpg
 オオミドリシジミはいつもより少ないとのことですが、私には十分な数です。やはり見上げる位置に留まります。案内してくださった方に、低い位置に留まる場所を教えて頂きました。
f0310988_22331167.jpg
 あちこちで4~5頭が絡む卍飛行を繰り広げます。雄同士は仲が悪いのかと思うと、こちらは同じ葉に仲良く留まっています。
f0310988_22332122.jpg
 雌も姿を現しました。オオミドリシジミの雌はミドリシジミのような型は無いようです。
f0310988_22333029.jpg
 書籍によると後翅表の外縁に青い細い線があると書いてありましたが、写真を拡大してみると確認できます。雌を見るのは初めてです。
f0310988_22334020.jpg
 蝶がたくさんいるのはとても嬉しいことなのですが、直ぐスクランブル発進するので、留まったらすぐに撮らないと飛んでしまいます。でも、バトルが終わると還ってくることが多いのです。それぞれの個体にお気に入りの場所があるようです。
f0310988_22334719.jpg
 9時半を過ぎた頃からテリ張りをする個体が減っていきます。
f0310988_22405991.jpg
 この個体は、吸水のために下に降りて来たようです。地面や下草に水滴を探しているようです。
f0310988_22411032.jpg
 次の写真も降りて来たオオミドリシジミです。同じような光景です。実は場所が違うのです。案内していただいた方が、オオミドリのテリ張りが終わり、別の公園に移動するということで、車に便乗させていただきました。移動した先のオオミドリシジミなのです。
f0310988_22465779.jpg
 正午近くで陽射しも一段と強くなっています。ウラナミアカシジミは茂みの奥に隠れています。
f0310988_22470996.jpg
 今年初のミドリシジミも当然開翅の時間は終わっています。葉の上の水分を舐めています。
f0310988_22471967.jpg
 それでもミドリシジミは翅を広げてくれました。陽が当たらない場所だったので綺麗な緑は出ていないのですが、これ以上望むのは贅沢過ぎますね。
f0310988_22472865.jpg
 今日の〆はミズイロオナガシジミです。低い位置に留まっているのを教えて頂きました。
f0310988_22473738.jpg
 オオミドリシジミの棲息地を教えてくださった方、ポイントの案内と車で送ってくださった方、公園で蝶のいるのを教えてくださった方、皆さまのお陰で平地産のゼフィルスを楽しむことができました。ありがとうございました。

Commented by banyan10 at 2018-05-29 16:54
予定通りにオオミドリ撮影ですね。
朝から良く晴れたのにオオミドリは結構開いていますね。
テリ張りの時間に周囲で雌を観察したことはありません。
雌雄ともに新鮮で良かったですね。
Commented by fushiginomori at 2018-05-29 20:52
banyanさん、コメントありがとうございます。
オオミドリは擦れた個体の方が多く、そろそろ終盤かもしれません。
数が多いのは嬉しかったのですが、雄は干渉しあうので、留まってから10秒が勝負と感じました。
開翅は一斉に終わるのではなかったので、10時半頃までは観察できました。
Commented by Koriel at 2018-05-31 00:58 x
オオミドリシジミ♀の後翅にある青い線、知りませんでした。
というかオオミドリシジミの♀は一昨年に1回見かけただけなので、出来れば今年見てみたいところです・・・。
by fushiginomori | 2018-05-28 23:10 | 千葉県 | Comments(3)

千葉の里山、近郊の公園、そして南の島の不思議の森で出逢ったシジミチョウをご紹介します


by fushiginomori