ツアーで沖縄、ついでに探蝶記(伍)

 日本では2組に分かれて対抗戦を行うときには、運動会でも歌合戦でも紅組と白組です。でもここ、海洋博公園では青組と黒組が勢力争いを繰り広げています。まず青組です。「おきなわ郷土村」の草地に一番数が多かったのはアオタテハモドキでした。
f0310988_16334777.jpg
 上は雄です。角度が悪くてあまり青い部分が見えていません。下が雌です。翅の目玉模様が雄に比べると大きいのです。雌には青い部分が褐色の個体もいます。
f0310988_16335979.jpg
 園内を歩くとちょっとした草むらにもアオタテハモドキが見つかります。ただ翅の傷んだ個体が多いようです。公園の外れ、南ゲートの近くの花壇にも何頭かのアオタテハモドキが吸蜜に訪れています。
f0310988_16340711.jpg
 ほとんど傷の無い雄を見つけたのでしばらく追いかけました。
f0310988_16341587.jpg
 ツアーなのであまり撮影のチャンスはないと思い、レンズは100㎜ズーム1本だけを持って来ました。アオタテハモドキはかなり敏感な蝶なので、100㎜ズームでは辛いものがありました。どの写真もトリミングし放題です。でも、吸蜜の場面は唯一近くまで寄れたシーンです。
f0310988_16410429.jpg
 そのうち、アオタテハモドキは花壇の一ヵ所を離れなくなりました。留まるでもなく、同じ場所を離れがたいように飛んでいます。
f0310988_16411212.jpg
 よく見ると、もう1頭のアオタテハモドキが葉に留まっています。雌でしょうか? じっと動きません。
f0310988_16412286.jpg
 その周りを雄のアオタテハモドキが飛び続けます。
f0310988_16413168.jpg
 雌らしい個体は無反応で、交尾を拒否するような仕草もありません。
f0310988_16514865.jpg
 雄はしつこく飛び回ります。もしかして雌ではないのでしょうか?
f0310988_16515667.jpg
 このあとアオタテハモドキは飛び去りました。とても長く感じたのですが、1分あまりの出来事でした。残念なのは、飛び去る雄を目で追う内に、気が付くと雌らしい個体も姿を消していました。そのため、性別不明のままです。
f0310988_16520590.jpg
 最後に木陰で休むアオタテハモドキです。陽が当たらないと随分と雰囲気が違います。この個体も新鮮です。
f0310988_16521534.jpg
 アオタテハモドキは八重山では珍しい蝶ではありませんが、一度にたくさん見た記憶はありません。沖縄本島に数が多いのには驚かされました。

[PR]
Commented by Akakokko at 2018-06-19 18:09 x
アオタテハモドキも魅力的な蝶ですよね。
沖縄遠征はしたことがないので、アオタテハモドキは昆虫館でしか撮影したことがなく、羨ましく拝見させていただきました。
前記事の透けたヤマトも珍しいですね。
Commented by fushiginomori at 2018-06-20 20:10
Akakokkoさん、コメントありがとうございます。
アオタテハモドキを目的に撮りに行く人は、多分いないでしょう。
主役にはなれない蝶なのかもしれませんね。
でも、ブルーの輝きはミドリシジミにも劣らないと思うのですが。
Commented by banyan10 at 2018-06-21 15:26
アオタテハモドキは低温期の青が載った雌が好きです。
雄の青は少し派手過ぎる気がしています。
この時期でも青い雌がいるのですね。
求愛は貴重なシーンですね。
↓のカバマダラ交尾も羨ましいです。
以前は本島には定着していなかったと思うのですが、継続して発生しているのでしょうかね。
Commented by fushiginomori at 2018-06-22 21:04
banyanさん、カバマダラはこの場所でしか見ませんでした。
アオタテハモドキの方は、草むらや花壇など園内のあちこちで見られました。
交尾のカバマダラはこのまま飛び去ってしまいました。
とにかく暑かったです。
Commented by yurinBD at 2018-06-23 09:54
アオタテハモドキのブルーは海ような色合いで、沖縄によく似合いますね。
特に4枚目のお写真は表翅をバッチリ捉えられ、美しいですね~♪
求愛時の飛翔も動きのあるお写真で素敵です。
まだ未撮影ですので、次に沖縄に行く機会があれば是非撮影してみたいです。
Commented by fushiginomori at 2018-06-23 20:59
yurinさん、ありがとうございます。
今回は写真は観光のついで(のはずだったのですが)にと思っていたので、何も調べずに行きました。
沖縄本島にアオタテハモドキが多いとは考えてもみませんでした。
嬉しい誤算でした。
by fushiginomori | 2018-06-19 17:12 | 沖縄県 | Comments(6)

千葉の里山、近郊の公園、そして南の島の不思議の森で出逢ったシジミチョウをご紹介します


by fushiginomori