PURA VIDA! コスタリカの森(その20)

 ボートを降りてバスに乗り換えた頃には雨になっていました。バスは昼食のためグアピレスのレストランまで走りました。私には急いで昼食を済ませる理由がありました。グアピレスのレストラン、昨日トイレ休憩に寄った場所です。昼食を終えるとレストランの奥の蝶園に向かいました。
f0310988_21193528.jpg
 思わぬところでもう一度モルフォを撮るチャンスが与えられたのです。しかし、ヘレノールモルフォは葉の上にひっそりと翅を休めていました。
f0310988_21194521.jpg
 蝶園は屋根の無い大きなケージです。外が雨なら、蝶園の中も雨なのです。今日こそモルフォのブルーをと考えたのですが、モルフォは一向に飛び立つ兆しがありませんでした。フクロウチョウは茂みに潜って雨宿りをしています。
f0310988_21195691.jpg
 レストランは駐車場の奥、緑のアーチを潜ったところにあります。早く蝶園に行くことばかり考えていたので、ここで何を食べたのか思い出せません。
f0310988_21200610.jpg
 葉先にぶら下がっているのはタスキアゲハと思われますが、前翅の模様が乱れています。羽化に失敗したのでしょうか? その翅は縮れてしまっています。
f0310988_21283687.jpg
 雨のせいか蝶の数が少なく、寂しげな蝶園となっていました。オレンジ色の蝶がいました。
f0310988_21284768.jpg
 サンホセのホテルにいたキオビマダラでしょうか? 昨日は見かけませんでした。
f0310988_21285671.jpg
 翅を広げるとカバマダラに似ています。
f0310988_21290782.jpg
 雨の中でも活動するのは小型の蝶のようです。キオビマダラは吸蜜を始めました。
f0310988_21363434.jpg
 翅を広げた背景は青空ではありません。天井もブルーのネットなのです。
f0310988_21364424.jpg
 もう一種見つけたのは、すっかりお馴染みのエラートドクチョウです。
f0310988_21365602.jpg
 何度見ても黒とピンクのコントラストは目を引き付けます。
f0310988_21370754.jpg
 バスの出発の時間です。ここに再び寄ることは聞いていなかったので、アディショナルタイムのような撮影でした。しかし、モルフォのブルーを撮ることはできませんでした。
[PR]
Commented by yurinBD at 2018-09-28 22:38
モルフォはなかなか翅を開かないようですから、撮影者泣かせですね。
いつか飛んでいる写真を撮りたいものです。
エラートドクチョウの色合いが素敵ですね~♪
キオビマダラも素敵です。
Commented by fushiginomori at 2018-09-29 08:54
yurinさん、雨だと飛ばないですね。
この蝶園、レストランの"おまけ"のような存在で、入場無料です。
でも、結構広いのです。前日はモルフォが4~5頭飛び回っていたのですが、この日は1党も飛びませんでした。
Commented by ダンダラ at 2018-09-29 21:40 x
蝶のいるレストランにもう一度寄れるということが分かった時点での喜びが、何を食べたか覚えていないというお話で実感できます。
最近はそんなに撮影に集中することってないので、うらやましいなと正直思いました。
最初のモルフォの写真は素晴らしいですね。
Commented by fushiginomori at 2018-09-30 07:27
ダンダラさん、2度目のチャンスで今度こそモルフォの表翅をと思ったのですが、雨だとモルフォは飛ばないようです。
他の蝶も葉陰にいるのか、あまり姿が見られませんでした。
蝶園の中も雨とは考えていませんでした。
by fushiginomori | 2018-09-28 21:53 | 海外 | Comments(4)

千葉の里山、近郊の公園、そして南の島の不思議の森で出逢ったシジミチョウをご紹介します


by fushiginomori