PURA VIDA! コスタリカの街(その21)

 次にバスが止まったのはコスタリカ最古の街、カルタゴです。現在の首都はサン・ホセですが、1823年までコスタリカの首都はここ、カルタゴだったそうです。そしてカルタゴ象徴はロス・アンヘレス大聖堂です。
f0310988_09005722.jpg
 首都はサン・ホセに移っても、カルタゴはコスタリカの宗教の中心です。
f0310988_09010703.jpg
 コスタリカの国旗は青が空、白は平和、そして赤は自由のために流された先人たちの血を表しているそうです。コスタリカは軍隊の無い国としても知られています。右は大聖堂の中です。
f0310988_09011538.jpg
 こちらは大聖堂の裏門です。路上では宝くじを売っています。
f0310988_09012222.jpg
 大聖堂内部の壁には、少女がコスタリカの守護聖母「黒いマリア」像を見つけた様子が描かれていました。
f0310988_09110014.jpg
 左が祀られている黒いマリア像、ラ・ネグリータ・デ・ロス・アンヘレスです。大きさは15㎝程です。右は補修されたときに残された古い時代の壁です。
f0310988_09110897.jpg
 コスタリカに来て初めての自然以外の観光でした。スーパーの駐車場で小型のバスに乗り換え、サン・ヘラルド・デ・ドータへ向かいます。標高2,700mの雲霧林に続く道は霧に包まれていました。
f0310988_09111597.jpg
 もう時刻は午後5時30分です。ホテルに行く前にケツァールのポイントに寄りました。ガイドの上田さんがケツァールの好きな木の実が生っているかどうか確認してくれましたが、ここにはないようです。道路の端はひび割れているところがありました。
f0310988_09112477.jpg
 サン・ヘラルド・デ・ドータは街道から側道を谷間に降りて行った小さな村です。観光客向けのロッジがいくつかあるのですが、その中の一つTOROGON LOGDEに到着しました。ウエルカムドリンクと薪ストーブが迎えてくれました。
f0310988_09335258.jpg
 ロッジの入口は二重扉です。右が部屋の入口、私の部屋は1番でした。ここにもロッキングチェアがあります。
f0310988_09340119.jpg
 部屋はガスストーブで暖められていました。風呂はシャワーのみです。
f0310988_09340886.jpg
 クッションやベッドカバーに刺繍されているのは、幻の鳥ケツァールです。
f0310988_09341660.jpg
 部屋に荷物を置くとレストランで夕食です。コスタリカはどこも食事が美味しいのですが、ここのケーキは格別でした。スポンジには3種類のミルクが滲み込ませてあります。日本で売り出せば長い行列ができると思います。
f0310988_09395775.jpg
 明日の朝の集合は5時です。鳥たちが活発に活動する早朝にケツァールを探す予定です。でも、ケツァールが見られる季節は乾季の12~3月と聞いています。

[PR]
by fushiginomori | 2018-09-29 09:51 | 海外 | Comments(0)

千葉の里山、近郊の公園、そして南の島の不思議の森で出逢ったシジミチョウをご紹介します


by fushiginomori