人気ブログランキング |

始発電車で夏空の札幌(第3日弐)

 9時半を過ぎるとオオミドリシジミが姿を見せなくなったので、登ってきた道を引き返しました。ハイキングコースの入り口まであと少しというところで、坂の上から見ると緑色の輝きが翔び交っているのが見えました。桜の葉に留まったのはジョウザンミドリシジミです。
f0310988_14144296.jpg
 ハイキングコースの入り口からは、舗装道路を渡った反対側です。フェンスに沿って桜が植えられています。そこで占有行動をしているようです。
f0310988_14150446.jpg
 道路と桜の木の間は広くはないのですがスペースがあります。ジョウザンミドリはそこに降りてきます。多分水を求めての行動だと思います。その中の1頭が私の左肩に留まりました。もう1頭が首から下げたタオルに留まりました。更にもう1頭、300㎜のレンズに留まりました。私はこの3頭に取り押さえられ、身動きできなくなってしまいました。3頭とも口吻を伸ばしています。
f0310988_14152141.jpg
 札幌は7月に入って9日まで一度も雨が降っていないようです。いつもここにジョウザンミドリシジミがいるわけではないようです。私の汗で喉を潤して、それぞれ桜の葉に戻っていきました。
f0310988_14153206.jpg
 ジョウザンミドリシジミの中にオオミドリシジミも混じっているようです。
f0310988_14291262.jpg
 この舗装道路を少し歩いてみることにしました。人家が途切れた辺りでオオモンシロチョウを見つけました。裏翅では分かりずらいのですが、前翅先の黒い紋の形がモンシロチョウとは違います。
f0310988_14291923.jpg
 こちらはカラスシジミです。ここでも数が多いようです。
f0310988_14293177.jpg
 午前10時を回りました。今日の夕方、新千歳空港を立つ予定ですがまだ時間があります。Korielさんは今日は市内の公園ということでしたので、そちらに向かうことにしました。約1時間で公園に着くとそこで出迎えてくれたのもカラスシジミです。何度見てもミドリシジミと間違えてしまいます。
f0310988_14293964.jpg
 その時、Korielさんから連絡が…。オナガシジミを見つけられたそうです。そして、スマホに地図を送っていただいたのですが、その場所が私の現在地とほとんど重なっています。顔を上げて周りを見回すと、30mほど離れたところにKorielさんの姿を見つけました。
f0310988_14555259.jpg
 札幌はゼフィルスの発生が遅れてはいないようですが、もうオナガシジミが出ているとは驚きです。Korielさんの強運に便乗しての出逢いとなりました。
f0310988_14560820.jpg
 陽が当たると開翅しそうな気配です。翅の先が少しずつ広がっていきました。
f0310988_14561807.jpg
 そして遂に全開翅となりました。裏に比べて表翅は地味です。でも、頭髪はオレンジのモヒカンです。
f0310988_14562833.jpg
 その後もメスアカミドリなどを追いかけて、午後2時に空港に向かいました。Korielさんのお陰で、今回の札幌遠征は大満足で終わりました。独りではこの半分も見つけられなかったと思います。Korielさん、心より感謝しております。そして、札幌のゼフィルスたちにも!

Commented at 2019-08-08 16:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by fushiginomori at 2019-08-08 21:13
鍵コメさん、ありがとうございます。
北海道は最高ですね。もちろんクマに出会わなければですけど。
by fushiginomori | 2019-08-07 15:24 | 北海道 | Comments(2)

千葉の里山、近郊の公園、そして南の島の不思議の森で出逢ったシジミチョウをご紹介します


by fushiginomori